top of page

Hungary ​Newest HR Information
ハンガリー人事​・労務最新ニュー

2023/08/21 実質賃金、上昇に転じる見通し

更新日:2023年8月23日

経済開発庁(発展庁)は、政府の反インフレ対策、価格上限の設定、食品価格の割引、などの効果で、インフレ率は10月までに一桁に落ちる可能性があると発表。

長引く隣国ウクライナ戦争に起因する高インフレにより、実質賃金は2022年9月以来低下している、と同庁。

しかしながら、上記インフレ防止措置と大幅な賃金増の結果、実質賃金は8月を起点に年平均でも上昇する可能性があることも示唆。

同省は、実質賃金が過去10年間で着実に増加したと指摘。2024年、経済が成長に転じ、インフレがさらに減速するにつれて、前年に見られた5%以上の年間平均実質賃金の伸びを回復することが可能になるだろう、と付け加えた。





最新記事

すべて表示

2024/07/09 被就業者の労働市場への参入が増加傾向

国家雇用政策担当大臣、シャンドル チョンバ氏は、近年の非就業者の労働市場への参入増加に伴い雇用は着実に増加しており、失業率も「許容できるレベル」にあると述べた。 また、国の競争力と経済成長を継続的に高めるためには、このような非労働力の就業が不可欠なことにも言及。

2024/06/24 ニート率, EU平均を下回る。

ユーロスタット(欧州統計局)によると, 昨年の当国の20歳から34歳の失業率は12.9%。内, 就業せず, 教育・訓練も受けていない若者の割合, いわゆる「ニート率」は男性9,3%, 女性16,6%でEU平均の14.5%を下回った。 隣国との比較では, チェコ15.9%, ポーランドで12.2%、スロバキア15.1%。 当国のニート率は10年前の24.2%から大幅に減少。

2024/06/12 チェコの実質賃金, 前年同期比4.8%増

チェコ統計局(CZSO)の発表によると, 2024年第1四半期のチェコ共和国の平均実質賃金は前年同期比4.8%増加した。前四半期の1.2%減から上昇に転じ、市場予想の4.1%増をも上回った。消費者物価上昇率が前同期比に比べて低く抑えられたことが実質賃金の上昇を後押しした。 名目グロス賃金は、2024年3月までの3か月間で合計43,941チェココルナ(1,777ユーロ)に上昇, 前年同期比7%増とな

bottom of page