top of page

Hungary ​Newest HR Information
ハンガリー人事​・労務最新ニュー

2024/04/24 ブルーカラーの平均時給、大幅アップ

ハンガリー国営通信社(MTI)によると、今年第1四半期のブルーカラー労働者の平均時給(グロス)は、前年同期比15.9%上昇し、2,061フォリント。

時給幅は、ほぼ全ての地域で 1,800 フォリントから 2,000 フォリントのレンジ、首都ブダペストおよびハンガリー中央部の平均は、約 2,750 フォリント。

法定最低賃金(グロス時給)は、熟練労働者1,874 フォリント、非熟練労働者 1,534 フォリント。

(1HUF=0.42JPY)





最新記事

すべて表示

2024/05/24 クロアチア、手取りの給与が大幅増

2023年1月1日にユーロ通過を導入した隣国クロアチアの今年3月の手取りの平均賃金が1,326ユーロで前年同月比12.7%増加した。 同失業率は前年同月の6.1%から5.6%に低下し、2023年6月以来の低水準となった。

2024/05/21 30歳以上の職場復帰に1,500億HUFを助成

経済開発担当大臣ナジ マルトンは、30歳以上のハンガリー人を職場復帰させるために1,500億フォリントの補助金を投じると発表。 同大臣は、当プログラムによりハンディキャップを持つ5万人以上を含む少なくとも7万7千人の雇用が創出され、今後政府は30万人規模の潜在的労働力をフル活用することに注力すると述べた。 EUが資金提供する同制度は、求職者および30歳以上の潜在的労働者を対象としており、賃金、通勤

2024/05/02 当国労働者の海外勤務志向

ボストン・コンサルティング・グループの調査によると、世界平均では労働者の23%が海外での勤務を視野に入れているのに対し、当国は15%と未だ平均を下回っている。しかしながら、2018年は7%であったのに対し5年間で倍増しており、特に外資系企業でのリモート勤務の希望者がここ数年増えている。 海外を視野に入れた求職活動の主な理由は、給与面が76%,生活の質の向上 が72%で続く。若年層ほど海外勤務に興味

bottom of page