top of page

Hungary ​Newest HR Information
ハンガリー人事​・労務最新ニュー

2023/08/24 ウクライナからの避難民、仕事情報の必要性高まる

更新日:2023年8月24日

国際移住機関(IOM)によるウクライナでの戦争からハンガリーに逃れた避難民に対する最新の調査では、現在の問題点として、全回答者の半数以上が、言語問題を挙げた。次に財政問題が続き、前回の定期調査の25%から33%に増加した。

今回の調査では、雇用に関連する情報の不足が四半期前の8%から17%に倍増した一方、住宅問題は22%から15%と減少。

戦争により、520万人以上がウクライナ国内、620万人がハンガリーなどの外国で避難生活を余儀なくされている。




最新記事

すべて表示

2024/02/16 EUは当国の労働市場底上げに4,600億HUFを割り当て

国会経済省は,当国の労働市場参加率を引き上げるためEUから4,600億フォリント以上が割り当てられると発表した。具体的には、2030年までに15~64歳の経済活動率を78%から85%に引き上げることを目指している。 シャンドール・チョンバ雇用国務長官は、当国の労働力予備軍(登録求職者、不労者など)の規模を約30万人と見積もっており、登録求職者24万人のうち4万~5万人はスキルのおかげで「比較的簡単

2024/01/05 潜在労働者数は,29万4,000人

中央統計局(KSH)によると、当国の失業者及び自発的に求職しない、いわゆる潜在的な労働者数は、昨年第3四半期に29万4,000人へ到達。 地域で見ると 3 分の 1 以上が北部ハンガリー地域(大平原含む)に集中、学歴では、60%近くが学位を有しておらず、32%が小学校を卒業しただけだった。就労経験のある潜在労働者は、製造、建設、商業などのブルーカラーが多数を占める。 昨年第 3 四半期の雇用者数は

2023/12/26 年末ボーナス支給予定は、26%に留まる。

ハンガリー商工会議所による国内1.825社を対象としたアンケートによると、26%が従業員にいわゆる年末ボーナスを支給すると回答。外資系企業も含め広く普及している同制度だが、今年は出す予定の企業は少ない。

bottom of page