top of page

Hungary ​Newest HR Information
ハンガリー人事​・労務最新ニュー

2024/04/23 ゲストワーカー.12万人に達する

現在約12万人のゲストワーカーが同国内で雇用されているが、EU域外からの割合は、総雇用者数の2.6%で、中欧諸国の中で最も低い。

(スロバキア3.8%、ポーランドで 6.4%、チェコは17% )

雇用基準が、不足している職業に限定されていることが拝見にある。

中央統計局(KSH)によると当国には、約1,000人の外国人が居住しており、そのうち3万6,000人が学生。

また、2010年以降、約32万4,000人の当国民が国外に移住、内、21万9,000人が既に帰国している。


ゲストワーカー制度

最長2年間、政府によりリストアップされた特定の国に対して滞在許可と就労許可が一体化した許可証が発行される。その後は、1度だけ1年間の延長が可能になる。申請条件は、ハンガリー国籍の求職者で人材不足を補充できない場合に限る。




最新記事

すべて表示

2024/05/24 クロアチア、手取りの給与が大幅増

2023年1月1日にユーロ通過を導入した隣国クロアチアの今年3月の手取りの平均賃金が1,326ユーロで前年同月比12.7%増加した。 同失業率は前年同月の6.1%から5.6%に低下し、2023年6月以来の低水準となった。

2024/05/21 30歳以上の職場復帰に1,500億HUFを助成

経済開発担当大臣ナジ マルトンは、30歳以上のハンガリー人を職場復帰させるために1,500億フォリントの補助金を投じると発表。 同大臣は、当プログラムによりハンディキャップを持つ5万人以上を含む少なくとも7万7千人の雇用が創出され、今後政府は30万人規模の潜在的労働力をフル活用することに注力すると述べた。 EUが資金提供する同制度は、求職者および30歳以上の潜在的労働者を対象としており、賃金、通勤

2024/05/02 当国労働者の海外勤務志向

ボストン・コンサルティング・グループの調査によると、世界平均では労働者の23%が海外での勤務を視野に入れているのに対し、当国は15%と未だ平均を下回っている。しかしながら、2018年は7%であったのに対し5年間で倍増しており、特に外資系企業でのリモート勤務の希望者がここ数年増えている。 海外を視野に入れた求職活動の主な理由は、給与面が76%,生活の質の向上 が72%で続く。若年層ほど海外勤務に興味

bottom of page