top of page

Hungary ​Newest HR Information
ハンガリー人事​・労務最新ニュー

2023/10/10 来年の最低賃金の引き上げについて

全国労働者評議会連盟(MOSZ)のパルコビッチ・イムレ議長(Imre Palkovics)は、MTI(国営ハンガリー通信)のインタビューで、労働組合は来年の最低賃金について熟練労働者10%、非熟練労働者15%の引き上げを提案していると発言。

賃金上昇が国内消費を押し上げ、経済成長を後押しすることに言及。 全国実業家協会(VOSZ)のラスロー・ペルルシュ(László Perlusz)書記長はMTIに対し、雇用主の殆どは今年のGDP成長率がゼロに近かった場合、平均賃金は10~15%上昇すると考えていると語り、今年第3四半期のGDPデータにより、より正確な数字が発表される可能性があると同氏は付け加えた。 ペルルシュ氏によると、雇用主と労働組合はいずれも、今年のインフレを補完する意味で、企業が低所得者に非課税10万フォリントを一回に限り支払う提案をした。 パルコビッチ氏は、熟練・非熟練に分けた二つの最低賃金制度は段階的に廃止されるべきであることに同意し、双方の最低賃金が35万~37万フォリントの水準に達する2027年頃に「統合」される可能性があると示唆した。 当国の法定月額最低賃金は、今年1月1日に非熟練労働者に対して16%引き上げられて23万2,000フォリント、熟練労働者に対しては14%引き上げられて29万6,400フォリント。

(1HUF=0.41JPY)



最新記事

すべて表示

2024/05/24 クロアチア、手取りの給与が大幅増

2023年1月1日にユーロ通過を導入した隣国クロアチアの今年3月の手取りの平均賃金が1,326ユーロで前年同月比12.7%増加した。 同失業率は前年同月の6.1%から5.6%に低下し、2023年6月以来の低水準となった。

2024/05/21 30歳以上の職場復帰に1,500億HUFを助成

経済開発担当大臣ナジ マルトンは、30歳以上のハンガリー人を職場復帰させるために1,500億フォリントの補助金を投じると発表。 同大臣は、当プログラムによりハンディキャップを持つ5万人以上を含む少なくとも7万7千人の雇用が創出され、今後政府は30万人規模の潜在的労働力をフル活用することに注力すると述べた。 EUが資金提供する同制度は、求職者および30歳以上の潜在的労働者を対象としており、賃金、通勤

2024/05/02 当国労働者の海外勤務志向

ボストン・コンサルティング・グループの調査によると、世界平均では労働者の23%が海外での勤務を視野に入れているのに対し、当国は15%と未だ平均を下回っている。しかしながら、2018年は7%であったのに対し5年間で倍増しており、特に外資系企業でのリモート勤務の希望者がここ数年増えている。 海外を視野に入れた求職活動の主な理由は、給与面が76%,生活の質の向上 が72%で続く。若年層ほど海外勤務に興味

bottom of page