top of page

Hungary ​Newest HR Information
ハンガリー人事​・労務最新ニュー

2023/08/16 インターシッププログラムの需要増

更新日:2023年8月16日


世界経済フォーラムの推計によると、いわゆるZ世代は2025年までにOECD加盟国の労働力の27%、世界人口の3分の1を占めるようになるという。

LinkedIn の調査によると、Z 世代の転職率は現在、2019 年比で34%増となっており、古い世代と比較して、同じ職場で数十年を過ごす必要性をもはや感じておらず、転職のハードルも低い。最低賃金も上昇基調で、年半ばに引き上げられる可能性がある。25歳未満に対する個人所得税の免除は依然として学生の賃金に好影響を与えている。

弊社の関連事業体であるmind diak社の代表によると「学生に恒久的で安定した労働力の可能性があると考える企業がますます増えており、それは当社のインターンシップ・プログラムの需要が1年間で30%近く増加したという事実からも明らかです。」また、「労働力を維持することはますます困難になっており、長期的にみれば、可能性のある若者を訓練し、継続的な労働力を確保する方がはるかに有益です。」と付け加えた。

(1HUF=0.41JPY)

最新記事

すべて表示

2024/02/16 EUは当国の労働市場底上げに4,600億HUFを割り当て

国会経済省は,当国の労働市場参加率を引き上げるためEUから4,600億フォリント以上が割り当てられると発表した。具体的には、2030年までに15~64歳の経済活動率を78%から85%に引き上げることを目指している。 シャンドール・チョンバ雇用国務長官は、当国の労働力予備軍(登録求職者、不労者など)の規模を約30万人と見積もっており、登録求職者24万人のうち4万~5万人はスキルのおかげで「比較的簡単

2024/01/05 潜在労働者数は,29万4,000人

中央統計局(KSH)によると、当国の失業者及び自発的に求職しない、いわゆる潜在的な労働者数は、昨年第3四半期に29万4,000人へ到達。 地域で見ると 3 分の 1 以上が北部ハンガリー地域(大平原含む)に集中、学歴では、60%近くが学位を有しておらず、32%が小学校を卒業しただけだった。就労経験のある潜在労働者は、製造、建設、商業などのブルーカラーが多数を占める。 昨年第 3 四半期の雇用者数は

2023/12/26 年末ボーナス支給予定は、26%に留まる。

ハンガリー商工会議所による国内1.825社を対象としたアンケートによると、26%が従業員にいわゆる年末ボーナスを支給すると回答。外資系企業も含め広く普及している同制度だが、今年は出す予定の企業は少ない。

bottom of page